追憶:タイミャンマー陸路の旅10 プレーの夜 生鮮市場と人気レストラン タイのローカル都市の日常

10000



2017年冬に旅をしタイからミャンマーに陸路で旅をした記録の加筆修正版の10回目。北タイのローカル都市プレーの旧市街の日常を体験しました。ローカルな市場、ナイトマーケット、そしてローカルレストランでの食事で、一日を締めくくりました。


メニュー

クリックすると、項目の内容へ移動します。

1、観光地ではない町の雰囲気

ウォンブリー御殿のすぐ近くにあった喫茶店で一息ついてから
夕方から夜にかけてのプレーの街の散策を開始します。



10001

道すがらにあった邸宅です。



10002

こちらにはケーキ屋さんがありました。



この辺りはちょっと上流階級的な邸宅が多く、また学校の近く
のため、学生さんたちと多く出会いました。



10003

ここは、伝統的な服を販売しています。タイドラマやその舞台となった
邸宅に展示していた服とほぼ同じものです。



10004

プレーのナイトマーケットあたりにある小さな市場です。



10005

気になるものはいろいろありますが、旅は始まったばかりですから
まだ買付というわけにはいきません。でもネームという発酵した
ソーセージをおやつ代わりに買いました。30B

10006



通常のタイ料理で使うようなハーブ類や野菜とは別の
この地域独自のものがないか調べていきます。

10007

ここは道教寺院。近くのお店でちょっとした買い物(藍染風の服)
をしました、
まだ、ナイトマーケットが始まるのには時間があるようですので、
しばらく散歩してみることにしました。



10008

メインの通りのようですが、建物にチーク材が使われているものが
あります。
ただ、どうやら空き物件のようです。
と見ながらしばらく歩くと。

10009



比べれば一目瞭然大きいですね。

10010



販売価格もさることながら、これを持って帰るのも大変そうです。

といいながら、15分ほど歩いていると、面白いものを見つけました。



戻る

2、大きな市場

10011

こちらの奥にあるのですが、実は地元の人が使う生鮮・おかず市場がありました。

10012



ナイトマーケットあたりの市場の規模がやや小さかったのですが、
こちらは巨大で多くの人が買いに来ています。

10013



やはり、こういう街の市場に来ると気持ちが高揚します。

10014



いろいろなものが売られていますね。

10015



タイの腸詰も売られていました。

10016

ここでは、ホテルに帰ってから食べるためのパパイヤ(10B)と
もち(20B)などを買いました。



10017

別の出入り口です。こちらがメインの入り口です。
この周りの路上にも多くのお店が並んでいました。



戻る

3、ナイトマーケットの屋台

10018



ナイトマーケットのところに戻ろうとすると路上で寿司を
売っていました。

10019

寿司以外にも、おにぎりとたこ焼きが売られています。
日本のものが普通に売られていますね。



10020

ほかのお店もにぎやかです。



10021

このような感じで建物の路地にぎっしり並んでいました。



10022

プラー(ナマズ)とかを焼いています。この照り焼きにしている
プラーは珍しい(よく見るのは塩焼き)なので、
ためしに購入しました。(30B)

10023



ほかにも焼き物中心にいろんなものが売られていました。

10024

まだ青いバナナです。



ということで、そろそろナイトマーケットに戻ってみることにしました。

10025

ということで、これまではこんな感じで歩きました。
新市街の生鮮市場と旧市街のナイトマーケットの間にちょっと距離があります。



10026

あたりが暗くなりナイトマーケットのところに戻ってきましたが、
どうもぱっとしません。



10027

思っていたものと違っていて、屋台でもビールとかを飲みながらという雰囲気
ではなかったので、ここでの夕食は断念することにしました。



10028

バイクで来ている人が多いので、ビールとかのアルコールは
基本的においていないお店が多いようです。
健全といえば健全ですね。

10029



途中、粽を売っていましたのでそれを購入しました(12B)

来た道を何度も歩いてしまいましたが、先ほどの路上市場のところから
ホテルを目指します。



10030

路上市場があったところです。
もう静かになっていました。
10031



路上の店はありますが、もうほとんどのものが残っていませんでした。

10032



夕方の一時期だけの勝負のようです。

10033

先ほど寿司を売っていた店もあとわずかのよう。



このまま大通りをホテル目指しましたが、見事にこれといった食堂や
レストランがなくあわてました。
プレーは夜何もない街とは聞いていましたがこれは本当のよう。



戻る

4、ホテル近くのローカルレストラン

10034



ホテルのすぐ近くのバスターミナルにもいきましたが
やはり何もなく、ちょっとあきらめかけていた時に
ようやく、流行っているレストランを発見しました。



ここは、潮州料理のお店です。香港の「ソウハツ」というお店に雰囲気が
似ていました。
タイ人のルーツの多くが香港あたりの潮州地方から来ている人が
多いのが関係しているような気がしました。
蒸し物がおいしそうに並んでいました。

10035



こういうおかずもあります。
地元の人らしい人も多く来ていましたので
ここで夕食をとることにしました。

10036

スープのようなものもありました。



10037

店の入り口にあります。シズル感というかなかなかいい感じですね。

10038

これは、先ほど30Bで購入したプラーです。
タイのレストランはこういう持ち込みも可能だったりします。

10039



ゴーヤの肉詰めを蒸したものです。
薬膳のような料理でおいしくいただきました。

10040



こちらは野菜の煮物スープです。

10041

店内の様子。オープンな雰囲気で実際にはもっと多くの人がいました。



10042

店のメニュー。一番下にはWifiもありました。

10043



カリフラワーの炒め物です。

10044

ということで、ビールも飲んで370Bでした。

ちなみに、途中で蚊取り線香(コンセントに入れて使う液体のタイプ)
を124Bで買いました。これは今回の半月の旅で非常に役立ちました。



戻る

5、1日現金5000円程度で遊べたプレーの町

10045

ということで、この日十二分にプレーの街を楽しむことができました。



ちなみにこの日は現金1481B(約5000円)で、済ませることができました。

10046



こんな風に歩きました。結構な距離歩きましたが
気温がそれほど高くなかったのが幸いでした。
戻る





投稿者: kumakuma2018

東南アジア10ヶ国中、ブルネイを除く9カ国に渡航経験があり、15年以上前からほぼ毎年渡航していて、日本で東南アジア料理店を経営しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中