追憶:タイミャンマー陸路の旅8 プレーでタイドラマの舞台になった建物を見る

08000



2017年冬に旅をしタイからミャンマーに陸路で旅をした記録の加筆修正版の8回目。北タイのローカルな町プレーに来たのは、あるタイドラマの舞台だったから。その舞台「ウォンブリーハウス」を見学、その他ミャンマー様式の寺院やプレーの旧市街を見学しました。


メニュー

クリックすると、項目の内容へ移動します。

1、タイ北部ローカルなプレーの町に来た理由

08001
今回私たちが、このプレーの町に来た最大の理由は
タイドラマの舞台になっていたということでした。
そのドラマは、もう7・8年位前のドラマですが・・・。



これは日本では放映されていませんが、当時タイのテレビを衛星放送で
受信する契約を結んでいた時期があり、そのときに見たドラマです。
その契約については、先方側の理由で終わってしまったのですが、
それ以降も、youtubeや現地でDVDを入手するなどして
引き続きタイのドラマに触れる機会があります。



そして、このドラマのDVDを持っているので、いつでも見ることができます。



08002

こちらの男性は、知る人ぞ知るシェフがファンになっている男優さんで、
単なるファンの枠を超えて、ファン同士のつながりや、過去にバンコクや
東京でこの男優本人とも何度かあっています。
ということもありそのドラマの舞台を見ようと考えたわけです。






08003

その建物に住んでいる設定になっているのはこちらの女優。
ひとつ上の男優の相手役ということです。
ドラマ自体が現在とひとつ上にいる男優の横にいる老婆が
若いときの時代の設定と二つあって、
古い時代にこの女優さんが2役を演じている
もう一人の人の住まいということになっています。

さて、前置きが長くなりましたが、前回バスターミナルで明日のバスの
時刻をチェックしてからの動きとなります。



08004

バスターミナルの近くにあるこのお店。まさしく夜のお店です。
その名も「エロス」とはわかりやすいですね。



戻る

2、ミャンマー形式の寺院「ワット=ポンスナン วัดพงษ์สุนันท์」

08005



こちらにも日本語学校の看板があります。
タイでは日本語を学ぶ人が結構多いのかもしれません。



さて、次の目的地の寺院に到着しました。

08006

裏口から入ろうとしたのですが、ここでちょっとしたトラブルがあります。
眠っていた犬が突然起き出して襲ってきたのです。
裏口から入ったのが間違いだったようで、野良のようでこの寺院の番犬
だったようです。



余談ですが、今回の旅に裏設定があるならば、そのタイトルは
「野良犬との交わり」とつけたいほど、野良犬とのかかわりの多い旅でした。
日本では壊滅的になった野良犬もこちらタイの地方都市や
ミャンマーでは健在です。



ファーストコンタクトが、すごいことになりましたが。
ここまでの目にはこの後会うことはありませんでした。

08007



気を取り直してというわけではありませんが、
こんなのものがあったので、軽く体を動かします。

08008



こちらが正面入り口・ワットサラバケオという名前の寺院です。



08009

この寺院の特徴は、ミャンマー形式の建物。
特産のチーク材を使っています。



08010

建物の前です。そのチーク材の建物もさることながら
傘がついていますが、傘があるのはランナータイ様式と
いわれて、チェンマイとかでよく見るタイプです。



このプレーの町がその北タイのエリアである証と同時に
ドラマもその北タイというのが舞台になっています。

寺院の見学の後に、道路に出ると屋台があります。



08011

こういったものが売られていました。

08012



マーン(イモ)というもので、10Bです。
その場でおいしくいただきました。

08013

屋台の様子です。



さて、この先にツーリストオフィスがありましたので、
情報収集とトイレ休憩をかねて立ち寄りました。

08014



今までの行程はこんな感じです。
戻る

3、旧市街の中でプレーの町を意識

08015

ツーリストオフィスを出ると堀の川を渡ります。
ここからがプレーの旧市街になります。



08016

旧市街を意味する、レンガでできた城壁があります。

08017



このようなモニュメントもありました。

08018



途中、チーク材の工房がありました。中は有料ということで入り
ませんでしたが、この後チーク材をふんだんに使った重厚な
建物を多く見ることになりました。



08019

ペンキで白く塗っていますが、明らかにチーク材を使っています。



08020

この土手は、旧市街と新市街の境界線です。



08021

旧市街を歩いているだけでこういうチーク材の建物を
多く見ることになりました。



08022

特に観光の場所でもありませんが、見るだけで楽しめます。

08023



現地のポストがあります。

08024



旧市街の中心部にロータリーが21あります。このロータリーの位置を

把握することで、ほぼプレーの旧市街の位置関係がわかりました。



08025

ロータリーの北西の位置にある公園の中を歩きます。
この日は曇りでときより小雨が降るような天気でした。





08026

お目当ての建物の横にあった仏教寺院です。
涅槃仏が立派ですね。



08027

ちなみに見こちらは、ワット=ポンスナン วัดพงษ์สุนันท์という
れっきとした観光名所。



もともと荒れ寺があり、南の池に小さな亀がいると聞いたミャンマー・バゴーの人が、亀を捕りに池に入ったが水死してしまったので、友人の一人が小さなチェディーと、周囲に亀4匹の像を建てて弔ったという。仏暦2472(西暦1929/30)年、洪水のため壊れてしまった。そこで、ルワンポンピブンとその妻チャオスナンターが施工主になって新しい礼拝堂を建てたとあります。



戻る

4、ウォンブリーハウス~ドラマと同じ建物~

08028



こんなところにもポストがあります。1日3回引き取りにくるようです。

08029

そして、お目当ての観光名所
「クム=ウォンブリー(ウォンブリー御殿) บ้านวงศ์บุรี」が
見えてきました。



08030

こちらのピンク色の建物がそれです。
そして、下の画像を見ていただければわかります。
これはドラマのオープニングに登場する画像です。

08031



ランナータイ様式の傘とか写っていますが、
それを除いた建物だけ見るとどう見ても同じものですね。
これを見に来るためにプレーに来たわけです。

08032



説明文があります。本来のこの建物は
仏暦2450(西暦1907-08)年、チャオプロム(ルワンポンピブン)とチャオスナンター=ウォンブリー เจ้าสุนันตา วงศ์บุรี の夫妻の屋敷として、中国広東の職人が、地元のチーク材を使って2階建てのヨーロッパ風の家に仕上げたものです。
暑季でも涼しく過ごせるよう、天井は高く、屋根は二層につくられ、二つの層の間に風を通す穴があるそうです。

08033



このブログ記事はずいぶんのんびりと書いていますが、今の時代は
スマホやタブレットを使い、リアルタイムの情報を共有できる
時代ですがから、こうやって到着した証をさっそくスマホに
打ち込んでいくわけなのです。

建物の正面に来てもう一枚押さえておきます。

08034

敷地内の休憩所。ここもドラマのシーンで使われていたようです。



さて、建物の中にこちらは1人30Bです。



08035

記帳する場所が、ありましたので、早速記念に記帳しました。



08036

もともとの住人の方の肖像があります。



08037

建物もピンクならベッドもピンクで統一されています。

08038

さて、建物に来た記念撮影を。



丁度この時、タイ人の観光客がいて、必死にタブレットを振りかざして
自分たちを写していたのが印象的でした。

08039

元住人の写真が残っていました。

08040



一つ一つの調度品に味わいがあります。

08041



蓄音機があります。比較的近い時代でのレトロですね。

08042



豪華な応接室。今でも普通に仕えそうな洋館ですね。



08043

ドラマでもこのあたりは多用したと考えられます。



08044

暗い建物から明るい外を見ると、まさしく絵画のようです。



08045

食事を取った場所でしょうか?
レトロなテレビが印象的です。

08046



中庭の様子。ちょっと小雨が降るのが気になるところです。

08047

別の寝室があります。



戻る

5、タイ北部の名物麺「カオソーイ」を頂いて

08048

こうして、ウォンブリーハウスを存分に見学した後、
昼食をとることにしました。



事前にネットでこのプレーの町にチェンマイ名物のカオソーイの
おいしい店があるような情報をつかんでいましたので、
建物の管理者に場所を聞こうとしたところ。意外な回答として
「われわれの食堂のカオソーイはおいしい。毎日食べても飽きないよ」
といわれました。



観光地併設レストランに期待しないのが普通ですが、
このときは、この管理者の自信に満ちた回答がやけに気になり
せっかくなので食べてみようとなったのです。

のぼり旗 カオ・ソーイのぼり Thailand Food thailand タイ・インドネシア料理

価格:1,298円
(2019/10/17 18:49時点)
感想(0件)


店内です。普通の食堂です。こちらでカオソーイ(40B)を
いただくことにしました。

08049



それがこちらです。見た目はもちろんのこと
実際に食べてみて侮れないおいしさ。
管理者の言葉は間違いではありませんでした。
と、同時にこのプレーという場所が改めて
チェンマイの勢力圏にあるということも確証できたわけです。



08050

残菜目当てか? 毛つやがよい仔がやってきました。
こちらで飼っているのでしょうたぶん。



08051
ということで大まかにこういう行程を歩きました。
でも、まだプレーの観光は半分です。午後から後半戦が始まります。
戻る








投稿者: kumakuma2018

東南アジア10ヶ国中、ブルネイを除く9カ国に渡航経験があり、15年以上前からほぼ毎年渡航していて、日本で東南アジア料理店を経営しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中