LCCでバンコクに行く人必見!ドンムアン空港から最 も安く市内に行ける鉄道!旅情気分も味わえるその行き方を公開!!

ドンムアン移動0

東南アジアで最も渡航がしやすいのは2018年の時点でタイのバンコクと思います。そしてLCCのエアアジアなら昔ながらのドンムアン空港に到着します。そこで私たちが何度も使っているドンムアン空港からバンコク市内に最も安くそして旅情気分満載の鉄道の行き方を紹介します。

遊び・観光・体験、オプショナルツアー予約【Mappleアクティビティ】

メニュー

クリックすると、項目の内容へ移動します。

1、はじめに

ドンムアン移動1

タイ料理がブームから定着しているためか、東南アジアでも最も行きやすくなっているバンコクですが、通常はスワンナプーム空港に到着し、新交通などもできて非常に便利が良くなっています。ところが、格安のLCCのエアアジアを使うと、バンコクの到着先は昔ながらのドンムアン空港に到着します。通常ならそこからタクシーでバンコク市内に行きますが、より安い方法として鉄道を使う方法があります。

私たちは2015年以降はほぼ毎年この方法で空港から中心部に移動していますので、今回はその方法を公開します。ディーゼル列車に揺られる鉄道の旅は短時間でも旅情気分が味わえます。
なお、今回使用する画像は数回分を抜粋して使っていますので、昼夜混ざっていることをご了承ください。
海外レストラン予約実績15万件!ご要望通りにレストランを予約します

戻る

2、ドンムアン空港駅の場所

ドンムアン移動2

ドンムアン空港駅から鉄道駅に行く方法を紹介します。ちょっとわかりにくいのですが、実は空港ターミナルと直結しているこちらのホテルの入口と共通になっています。上の画像がホテルの入口ですが、すぐ横を見ると鉄道の時刻表があります。

ドンムアン移動3

そのまま通路を通って行くと途中でホテルの入口と別れます。すると線路の上を通路が通っていて、途中で駅に向かって下りることができます。そこはスロープ状になっていて下に降りるとホームになっていて切符売り場があります。
カフェ・ホテル・空港の無料Wi-Fiから安全ネット接続【アバスト セキュアラインVPN】

ドンムアン移動4

そして料金なのですが、空港から主着のファランボーン駅(バンコク中央駅)まで1人20B(60円相当)で行けます。タクシー料金のおおよそ10分の1と非常にお得です。もし切符購入に間に合わなければ、乗ってしまっても車内で買えます。
ここにしかない現地オプショナルツアー【Mappleアクティビティ】


ドンムアン移動5

そしてスーツケースの場合ですが、最近私たちはバックパックなので利用したことがありませんので、正確にはわからないです。ただ少しは大変ですが十分スーツケースでもこの方法が利用できます。何しろタイの地方から鉄道に乗ってくる人は、みんなこの駅で下車して空港に向かっているのですから。

ドンムアン移動6

ドンムアン空港駅から、ディーゼルの力強いエンジン音を聞きながらバンコク市内へ、バンスー駅まではおおよそ30分程度で到着します。それからバンスー駅からは地下鉄があります。バンスー駅の列車の間には南のハジャイ方面からの列車が発着するホームがあり、それを跨ぎます。そして道路に出たら左側に曲がって歩いていくと地下鉄の入口が見えてきます。

ドンムアン移動10

解りやすく地図を描きました。この線路をまたぐ時だけは少し足場が悪いので注意しましょう。

 

ドンムアン移動45

余談ですが、ちなみにそのまま通路を突き進めばドンムアンのローカルエリアにぶつかり、ローカルな食堂などがあります。私たちがそのローカル食堂に行ったときには、ちょうどエアアジアの職員が休憩していました。
瞬間オフライン音声翻訳機 ili(イリー)

戻る

3、ファランボーン駅までは時間がある時だけ

ドンムアン移動7

ところで、列車はファランボーン駅まで行きますが、一度経験しましたが、実はこれはあまりおすすめはしません。(駅の雰囲気は大変すばらしいのですが)理由はただ一つ、途中のバンスー駅からファランボーン駅の間は非常に低速になり、停止ばかりを何度も繰り返して10分くらいで到着しそうな距離を30分以上かけて到着します。ですので、手前のバンスー駅で下車することをおすすめします。この駅が実質的な中央駅のような役目を果たしていて、南側からの列車もやってきますし、地下鉄の駅がありますからそこから私たちも通常は下車して、そのまま地下鉄を利用します。
とにかく安く外貨両替したいなら。

戻る

4、あと数年で終わりそうな旅情

ドンムアン移動8

特に早朝にタイの各地方から来る夜行列車の三等座席などを座って移動すると、30分程度でも非常に「プチ旅」をしている気分になれます。今の日本の鉄道ではなかなか味わえない「旅情」気分が味わえますが、これもひょっとしたらあと数年で大きく変わる予感があります。というのは、現在この区間は急ピッチで工事が進んでいて、バンスー駅が(新バンコク中央駅)として早ければ2020年ごろに完成し、高架のターミナル駅として生まれ変わるからです。そうなるとこういうのんびりした旅もおそらくできなくなるでしょう。ファランボーン駅の将来も含めて気になるところですが、興味がありましたら早い目のご利用をおすすめします。
戻る
全ツアーが日本語ガイド対応!海外ツアーならタビナカ

5、まとめ

ドンムアン移動9
移動で、ドンムアン空港からバンコク市内に安くてかつ旅情気分が味わいながら移動する方法を紹介しました。私たちもさすがに市内からの帰りにはこの方法は時間的なリスクがあって行いませんが、行きはほぼこの方法で移動しています。たった30分程度ながらも、日本から来て初めに感じる東南アジア独特のもわっとしたフルーツ臭のする生ぬるい風を感じながらの移動、非常におすすめです。
戻る





広告

投稿者: kumakuma2018

東南アジア10ヶ国中、ブルネイを除く9カ国に渡航経験があり、15年以上前からほぼ毎年渡航していて、日本で東南アジア料理店を経営しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中