大手のシンガポールチキンライスの試食 大手の本気度はどのくらいだったのか?シリーズ海南チキンライス④

04

ファミリーレストランのチェーン店「ロイヤルホスト」が、シンガポールチキンライスをはじめとするシンガポールフェアーを期間限定でメニューに加えるという情報を入手しました。通常なら特に「あっそう」と気にも留めませんでしたが、シンガポール人のそれなりの人物がプロデュースをしているという情報を聞いたので、勉強を兼ねて食べてみることにしました。

メニュー

クリックすると、項目の内容へ移動します。

1、はじめに

071.jpg

今回は、大手ファミリーレストランで食べた内容になりますが、こういう記事を書くともう「学ぶ必要がないのでは?」といわれます。しかし「学び」に関してはゴールがないと考えています。

だし蔵の関西おだしお試しパック


むしろ「気になる事」は常に学ぶ精神を失うと恐らく転落するような気がします。という事でちょっとコスト面では割高を承知で食べてきました。
高級プリンのお取り寄せ「プリン研究所」の通販サイトです

戻る

2、実は本気を出した時の大手はな侮れない

02
宅配ピザや寿司のご注文は《dデリバリー》にお任せ♪

「○○ですから」と大手のチェーン店に対して「大手」という理由で揶揄してしまう人がたまに見かけます。個人店の素晴らしい店を知っていると思われる人に多い言葉です。「判官びいき」の様なものもあると考えいます。本来どちらかといえば「個人店側」の人間がこんなことをいうのもおかしな話ですが、必ずしも大手だからXという考えは間違っているのではと思います。というのは大手が本気を出した時の「実力」は侮れないからです。たとえば、サイゼリアと言うチェーン店が近所にあるのですが、非常にリーズナブルな価格で食べられます。それまでは、グラスワインが100円で飲めるなどの理由で使っていました。ところがそれなりにイタリアの通が、「特定のメニューに関しては侮れない」と書いてあったので一度その方法を踏襲(とうしゅう)して頼んでみました。すると確かに、実力派のイタリアンレストランを思わせるものを感じました。つまり大手でも本気を出した部分では、むしろ資本力などが強いのでよりレベルが高い可能性すらあります。ですから大手=Xではないという事です。大手が本気になるのは、一般の人にも「需要が増えて売れる」と見た時なので、今まで大手が手を出さないからといって安心していると、気が付けば大手も同じようなもので勝負をしているようなことがあり得ます。すると資本力と販促のアピール力だけは圧倒的なので、一気に個人店の特徴が埋没します。そういう意味でも小さいところは常に情報を取集し、大手が動き出した時には、さらに珍しい大手が手を出さない方法で、店の「生き残り」を模索することが大事なように思います。

戻る

3、実際に食べてみた感想

03
フランス発老舗シャンパングラスメーカーアルク

ということで、実際にロイヤルホストで食べてきました。全席禁煙と言うのは非常に評価に値しました。メニューブックには非常に金をかけています。期間限定でもこんなに金をかけないと、一般のお客さんで「逆切れ」する人とかいるのかと勝手に想像したほどです。でも、シンガポール航空などとの関係などをアピールしていて、気合が入っているのはわかります。チリクラブをイメージしたものとの「セット御膳」の様なものを注文しました。2400円くらいしました。これは相当な価格の様な気がします。

05

見た目では、お盆にシンガポールをイメージしたようなピンクの花の絵柄の紙がついているような所はさすがと思いました。それにしてもサラダはどうなんでしょうか?個人的には「鶏肉がやや固め」というのがちょっと気にはなりましたが、これは許容範囲でした。ごはんもやや固めで、タイ米を利用している点は評価されます。(当たり前と思われるかもしれませんが、大昔にタイ米に対する「仕打ち」を、もろに受けたことがある立場にとっては・・・・)タレは赤い方が既製品を使っているのは大手だから理解できます。でも黒い方(老醤油)の味がちょっと違うような気(ちょっと甘い?)もしましたが、大したことではなかったです。


06

これはそれ以上に気になったのは、「この店」だけのはなしかもしれませんが、広い店内でスタッフが少ないのか?注文がしにくいのが気になりました。せめて店員を呼ぶボタンくらいは欲しいところが気がしました。それと、とにかくコストが高めなのが気になりました。普段はサイゼリアを使っている貧乏人だからというのもあるのかもしれません。ロイヤルホストは「シェフ」を使っているからサイゼリアのようなところとは「違うのだよ」とアピールしたい気持ちもわからないわけではないですが。

戻る

4、まとめ

01
スピリチャルな天然石と可愛いチャームが印象的。個性派さん必見のラブストーン ブレスレット。

以上です。実はちょっと期待してみたかったのです。東京などのタイ料理店のイメージもありましたので。でも(原価がわかるだけに)値段が高くて特に厳しい気がしました。それも含めて勉強にはつながりました。ところで、今回で取りあえず海南チキンライスシリーズはいったん終了します。また書きたい記事などが浮かんだら再開しますけど、取りあえず明日から別の話題に触れようかと考えています。

菜館Asia 海南チキンライスの素70g【鶏肉/炊き込み/しょうが/炊飯/シンガポール/SB/S&B/エスビー/中華/野菜/前菜/簡便/楽天/通販】【05P09Jul16】

戻る

そんな禁煙レストラン 原点に返って復活を遂げたロイヤルホストの挑戦【電子書籍】[ 朝日新聞 ]




広告

投稿者: kumakuma2018

東南アジア10ヶ国中、ブルネイを除く9カ国に渡航経験があり、15年以上前からほぼ毎年渡航していて、日本で東南アジア料理店を経営しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中