沖縄は本当に東南アジアか?料理から検証してみた

36

沖縄本当のモリマリゾートから眺める海(2015年撮影)

沖縄は日本本土地は違う独特の文化の持つ地域。「日本の東南アジア?」と感じることがあります。

しかし、実際に沖縄に行けば当然「日本」そのもの。ではなぜそう感じるのか?

今回沖縄料理を作る機会がありましたので、改めてそのあたりを検証してみたいと思います。
石垣島・沖縄の食材を使ったジュースやお肉をお届け【やえやまファーム】

メニュー

クリックすると、項目の内容へ移動します。

1、はじめに

31

沖縄・名護で食べた昼食

日本の中で独自の文化を持っている「沖縄」。歴史的にもかつて日本本土と違って、独自の王朝「琉球王朝」が存在し、近隣の中国や南方の東南アジアの国々との交易が合った記録が残っています。

そのために、「沖縄」は東南アジアに近いという意見があります。

確かに東南アジアで使う食材と、沖縄で使う食材が非常に共通しているところがあり、「常夏の島」というのも東南アジアの島々と通じるものがあります。

だから余計にそう感じたのですが、数年前に実際に沖縄に行けば、とても東南アジアではなく日本そのもとしか感じませんでした。

もっぱら、ローカル市場に行く時間があまりなかったので、沖縄の断片しか見ていないのも事実です。

そんなことを考えていると、店の15周年パーティの企画で沖縄料理を作る機会を得ました。

作った料理、食材を改めて見ながら、沖縄と東南アジアの共通点や違う所をおもに料理の視点で考えてみました。

戻る

2、沖縄は日本より東南アジアといわれる根拠

35

この木の根の弦(つる)は東南アジアっぽい(那覇市で撮影)

沖縄が日本より「東南アジア」みたいと思ってしまう根拠はいくつかあると思います。

① 気候が近い

32

サンゴ礁の海

恐らくこれが一番の理由ではと思います。

「亜熱帯の沖縄」と「熱帯の東南アジア」は、「温帯の日本本土」と違い、リゾートには、「常夏の南の国」という「共通点」があります。

サンゴ礁の海で泳げるとか、リゾートホテルでのんびりするとかは同じですね。

② 食材の共通点

09

ナーベラー(ヘチマ)

私のように「食べ物」にかかわっている立場としては、この要素が一番強いです。

沖縄料理で使うものと東南アジア料理で使う食材には、共通のものが結構あります。

(厳密にいえば沖縄と、その北側の奄美地域も含めて)沖縄でよく食べるゴーヤは東南アジアでも良く利用され(種類が違う?)ていますし、また青パパイヤはベトナム・タイのサラダなどで良く使われます。

そしてそれは、沖縄でも炒め物などでで使われます。

それから写真の「ヘチマも」東南アジアでも良く食べられます。

これらの食材は東南アジアの市場では大抵あるもの。

そのあたりに「沖縄との共通点」を感じてしまうのです。

最近では日本本土でも栽培する農家の人も増えてきていますが、少し前なら東南アジア食材を手に入れる場合は、「沖縄産」もしくは、すぐ北方にある「奄美産」の食材を購入することが多かったです。

③ 独自の王朝と文化

34

首里城

沖縄は「琉球王国」と言う独自の文化の国があって、江戸時代に薩摩藩に支配されていた時でも、国として存在していました。(明治以降に日本に)

またこの沖縄から海の交易が、中国や東南アジアの国々とあった歴史もあるので、「日本とは違う文化」という意味で、東南アジアに近い気がしてしまうんですね。

戻る

3、実際の沖縄に行った感想

33

今帰仁城跡

沖縄・北海道など全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

「その気にになればいつでも行ける」と思っていましたが、国内の移動・航空券代や現地の滞在費用を考えると、そのくらいの予算があれば東南アジアの国に行けると思って、結果的に避けていた沖縄。

ついに2015年に行ってくることができました。1泊2日でほとんど観光に費やしてしまい、料理の勉強などはあまりできませんでいたが、イメージと実際に体験するのとでは違いますので、非常に良い敬虔になりました。

37

沖縄料理の夕食

結論をいえば、沖縄は「日本」。当たり前のことですが、「文化」の面から見ても、東南アジアのどの国とも差が大きく、日本の方が圧倒的に近い気がしました。

普通に日本語が通じて日本円が流通している側面があるにしても、せいぜい使用している食材が日本本土ではあまり使われないものがあるというだけで、その食材の味付けは日本本土のものに近いとなります。(魚の造りは東南アジアでは日本料理店で登場するのが一般的。沖縄では普通に存在)

ただ、心残りは「ローカル市場」に行く時間がなかったこと。(後で確認すれば、市場には行ったらしいけど、記憶がないほどインパクトが薄かった??)

沖縄の市場と東南アジアの市場の違いなど見れば面白かったかなと。

それでも実際に行かないと勘違いしがちだったので、たとえわずかでも行って空気を体験できて本当に良かったです。
全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

戻る

4、沖縄料理を作ってみる(仕入編)

01

平尾商店街

さて、実はお店の方が15周年のパーティをすることになり、何を作ろうかと思った時にふと、「久しぶりに沖縄料理を作ろう」となりました。

実は東南アジア料理店を明確に出さなかった10年以上前の店のメニューには沖縄料理を結構出していた時期がありました。

そんなこともあり、大阪の沖縄タウンというべき大正区に行きました。最初はその雰囲気が最も残ると感じている「平尾」エリアに行きました。

ところが、もう夜になっていたのか、食材屋さんが閉まっていました。

02

JR大正駅前の食材屋さん

さて、困ったと思っていたら、手前の大正区の入口「大正駅」の近くの食材屋さんに電話しました。

そうすると「待ってくださる」という事で、急きょ向かいました。

そこで目当ての沖縄食材を無事にGET出来ました。

03

店内

この食材屋さんも何年振りでしょうか?もう正確には忘れましたね。

置いている素材としての食材を見ると、普段利用している東南アジアの食材店に置いていそうなものが確かにあったり・・・・。

食材自体は本当に近いんですね。

00

出入口

ちなみに、ここ「いちゃりば」さんは、食材以外にも雑貨とかも販売していて、沖縄に来た気分に浸れました。

沖縄の守り神「シーサー」の置物が、数多く置いてあり、とても気になりました。

戻る

5、沖縄料理を作ってみる(調理編)

02

皮付きの豚固まり肉

さて、当日実際に沖縄料理を作ってみます。

上の皮付き豚固まり肉も、東南アジア料理でいつもお世話になっています。

03

沖縄の赤蒲鉾

この「沖縄の赤蒲鉾」を買いたいがために大正区まで出向きました。

この蒲鉾、値段も結構しますが、あるのとないのとでは大違いです。

【沖縄 かまぼこ】赤蒲鉾(大)700g

07.jpg

沖縄の島豆腐

豆腐も沖縄の島豆腐を用意。

05

料理酒として準備した泡盛

飲みながら料理をしようというわけではなく、料理に使います。

そういえば泡盛の原材料の米は「長粒米」つまりタイ米ですね。

戻る

6、沖縄料理を作ってみる(完成編)

13

山羊汁

さて、次々と沖縄料理を作っていきました。

まずこちらは「山羊(やぎ)汁」山羊入りのスープです。

山羊と言えばベトナムでも焼肉やカレーの具で登場します。

とにもかくにもこの山羊の肉は、ベトナム食材屋さんで買いましたよ。

161.jpg

ヘチマの炒め物

ヘチマ(ナーベラー)も沖縄式で炒めました。

151.jpg

赤蒲鉾や島豆腐、豚固まり肉など

この料理が事実上のメインでした。

皮付き豚肉を中心に、島豆腐そして赤蒲鉾の鮮明な色合いが、緑のねぎとあたかもインパクトを競い合っているみたいですね。

12

玄米で炊いた炊き込みご飯

沖縄の炊き込みご飯。

私たちは日本米の場合、玄米を普段から食べているので、玄米で作りました。

戻る

7、まとめ

11

と言うわけで、沖縄と東南アジアの共通点と違う所について考えてみました。

沖縄は日本だけどアジアっぽいという説は確かに気候と食材はそうですが、それ以外は日本そのものです。

今回久しぶりに作った沖縄料理でも、その事を静に考えれば沖縄料理がタイ料理の様に「辛い」わけでもなければ、ベトナム料理のように、中華にフレンチの要素が絶妙に混ざりこんだような洗練さは感じません。

ということで、沖縄は完全な日本。だけれども気候と食材に「東南アジアの風」を感じるということです。



戻る

投稿者: kumakuma2018

東南アジア10ヶ国中、ブルネイを除く9カ国に渡航経験があり、15年以上前からほぼ毎年渡航していて、日本で東南アジア料理店を経営しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中