マニラ空港第一ターミナルからタクシー以外の方法で移動するには?

日本だと東京の成田・羽田あるいは大阪なら関空をはじめ、空港から街中へのアクセスは
大抵公共交通機関を使って移動できますが、外国の東南アジアだとそれができない場合が
まだまだ多く、仕方なく空港に止まっているタクシーを使います。日本よりタクシー料金は安いからと気軽に使いますが、ただでさえ空港からのタクシー料金は市内のそれよりも高いですし、下手したら運転手は「日本人=金持ち」のイメージがまだまだあるらしく、油断するとすぐに法外な価格を行ってきます。
そこで、私たちは空港から市内中心部へタクシー以外の方法を可能な限り模索しています。
その中でも2016年当時情報が最も少なかった、フィリピンマニラでそれを実行してみました。

※2018年11月に、重要部分を抜き出して再投稿しています。

ホテル予約なら【Ctrip.com】

01

マニラ空港第一ターミナル(2016年10月)

メニュー

クリックすると、項目の内容へ移動します。

1、治安が悪い「マニラ」の印象は本当か?

02

マニラ南部パサイの市場にて(2014年10月)

日本と比べるとどこでも治安が悪くなりますが、それでも最低限の注意を払えば、特に問題なく街歩きを
楽しむことができます。そんな私たちでもフィリピンのマニラと聞くと真っ先に「治安が悪い」と言う印象があり、あとは「ヤクザの滞在先」などいろいろ聞いていて、唯一セブ島だけが安全とも言われています。
そのため長らくフィリピンには行かなかったのですが、機会あって2014年に初めてフィリピンのマニラに行きました。
最初は治安が安全といわれている「マカティ」エリアの近くに宿をとり、そこから前半はマカティを中心にすごしました。後半庶民的なエリアの「パサイ」に移動して、街中を散歩しました。警戒をしつつ歩きましたが、見たところ、あのあたりの市場周辺に住んでいる人の服装が綺麗で極端に恐れることも無く、庶民的な雰囲気を味わえました。
2016年6月に就任したフィリピンドゥルテ大統領になって、麻薬の犯罪者の摘発など激しくやっているようですが、その事も含めて、想像ほど悪くないように思います。(でも、夜とか場所によっては警戒は必要だと思います)

03

治安が安全と言われている。「マカティ」でなくても着ている人の服装が綺麗だからそれほど恐れる必要も無いのかも(2014年10月)

戻る

2、タクシーは日本人とみると

これは、フィリピンだけの話ではなく、特にベトナムなどほかの国でもあり得る話ですが、(日本人=金持ち)の印象があるのか?初めてマニラに行った時にタクシーの運転手にやられてしまいました。確かガイドブックでの相場の4・5倍取られました。でも、初フィリピンでかつ「タクシーは要注意」と言う情報も聞いていましたので、その時ではごねることも無く指示に従い、「勉強料」と思って払いました。

その後、実際にマニラの町を体感して、そこまで恐れる必要はなく、
実際ぼられたのは、マニラではこの時だけで、市内の流しのタクシーではそういう事はありませんでした。そういう意味では不必要にぼったくりを恐れる必要はなさそうです。

04

比較的治安が良いといわれているマカティのグリーンベルト(2014年撮影)

戻る

3、ローカル移動手段で実際に挑戦してみました(中級以上向け)

05
空港第一ターミナル。この先にジープニー乗り場があります。


さて、実際に2016年10月に私たちはマニラ第一空港からタクシーを使わずにマニラ市街を目指しました。

マニラ第一空港ターミナルの出口からタクシー以外の方法として地元の足ジープニーを見つけました。
空港関係者の人に聞くと右端の出たところに乗り場があるそうです。

補足:調べると空港までのバスもあるようなのですが、どうやらそれはマニラ空港の第3ターミナルからでしか出ていないとのこと。マニラの場合、ターミナル間の移動も結構大変で(ターミナル間移動バスもあるけれど)徒歩では難しいのでつらいところです。
逆に市内からは、時間帯によっては第1ターミナルに直行するバスがあると言う情報もありましたので、そのあたり注意が必要です。

98

地図で位置関係を表してみました。空港を出たところにフィリピン人中心とした人がたまっているので乗り場がすぐわかります。第二ターミナル方向からジープニーが走ってきました。

06

ジープニーの中です。目指す先は、バクラランと言う町。空港第1ターミナルから第4ターミナルの横を経由してから、左に曲がって川を越えるとその町に到着しました。ジープニーの料金は一人20ペソ(約45円)でした。

※バスより小回り聞いていて荷物が少ないと便利が良いですが、スーツケース等を持っていると、ジープニーに地元の人も多く乗っていて一杯なのでおすすめはできない方法です。
大人女子の旅を応援する「MILESTO」

99

ジープニーはマニラ市内を走る鉄道の駅までは行ってくれません。町の中心部のようなところで下されます。そこからは一番近いバクラランの駅まで10~15分ほど歩く必要があります。地図だとこんな感じでした。

07

ただ、にぎやかなところでお店も多くありますので、この時の私たちのようにLCCでやってきて機内で食事をする必要がなくとも、小腹が空いたということで、ジープニーを降りてすぐに立ち寄った大衆食堂で、庶民のご飯にもありつけます。おかずを指差してご飯とスープをつけてもらいました。

ちなみにこれだけ頼んで50ペソ(約111円)でいただくことができました。

08

食堂の店内の雰囲気です。時間帯が夕方になりかけたころなので、ほかのお客さんはいませんでした。

ここからは、上の地図通りに歩いていきます。今はGoogleマップとかもあるのでずいぶん便利になりましたね。
「MILESTO」公式オンラインストア

09

こんな通りを歩きます。暗くなくて海外での最低限の警戒感を持っていればそれほど治安を恐れる必要もありません。

10

そして見えてきました。鉄道の高架線です。あの線沿いに少し歩けばバクララン駅があり、そこからマニラ市内を走る鉄道で移動できます。この時、私たちはそのまま高架沿いに歩いて隣駅EDSAまで歩きました。この間の高架下はいろいろなものを売っている露天のショップが所狭しと並んでいますから、そんな雰囲気を楽しみながら歩くのも楽しいかもしれません。

11

EDSA駅前です。ここはターミナル駅で2つの鉄道路線がありますから、ここまでくればいかようにでもなりますね。
旅するように、暮らしたい。「MILESTO」


戻る

4、まとめ

ということで、実際に2016年の10月にマニラの空港から市内までタクシーを使わずに移動したものを書いてみました。

(1)マニラの治安は想像するほど恐れる必要はない(油断大敵)

(2)ジープニーや徒歩で移動するのはスーツケースでは利用できないので注意

(3)空港からのジープニーで降りたところに庶民的な食堂やお店がたくさんある。

(4)一番近いのはバクララン駅。ただ高架下の露天のショップを見ながら歩いて一駅先のEDSA駅はターミナルなのでより便利

12

マニラの市内鉄道

ホテル予約なら【Ctrip.com】

戻る

5、おまけ

バナナ

こちらにて、今回のエピソードを元にした小説を書いてみました。お時間があればぜひ。

 https://note.mu/kumakuma2018/n/nfb19568c118c
バナナの国のクリスマス

Ctrip・VISAで予約更にお得!ホテル8%OFFゲットしちゃおう!

戻る

広告

投稿者: kumakuma2018

東南アジア10ヶ国中、ブルネイを除く9カ国に渡航経験があり、15年以上前からほぼ毎年渡航していて、日本で東南アジア料理店を経営しています。

“マニラ空港第一ターミナルからタクシー以外の方法で移動するには?” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中